製造・建設業の就業者数が事務職を初めて下回る

スマートフォン実質0円
就職活動ではスマートフォンが欠かせないアイテムとなっています。
なぜなら、情報を制する者が就活を制するからです。
賢い人は乗り換えキャッシュバックでスマートフォンをGETしています!キャンペーン終了前の素早い行動が利口です!

製造・建設業の就業者数が事務職を初めて下回る

総務省によると、製造・建設業の就業者数が2010年に1277万人となり前年から約30万人減少し、事務職の人数を初めて下回り、職業別で首位の座が入れ替わったということです。

製造・建設業の就業者数が減少している背景には次のものがあります。

  • 1985年のプラザ合意後の円高などで製造業が生産拠点を海外に移す。
  • 2000年代に入ると公共事業が大きく減少。

製造・建設業の就業者数は1953年の統計開始以来、職業別でずーと1位だったが、2010年は2位に後退し、事務職が1位に。

一方、就業者数が増加している業種は専門職やサービス職。

エンジニアやプログラマーなどを含む専門・技術職は10年間で130万人増加。

介護を含む保安・サービス職は140万人増加。

今後、企業による生産拠点の海外シフトが増加すればするほど、製造・建設業に就職する人の数は減少するでしょうね。

ソフトバンクのスマートフォンを16000円割引で買った方法