弁護士の平均年収、5年目で2000万円、15年目で3700円

スマートフォン実質0円
就職活動ではスマートフォンが欠かせないアイテムとなっています。
なぜなら、情報を制する者が就活を制するからです。
賢い人は乗り換えキャッシュバックでスマートフォンをGETしています!キャンペーン終了前の素早い行動が利口です!

弁護士の平均年収、5年目で2000万円、15年目で3700円

日経新聞によると、「法曹の養成に関するフォーラム」が2000人規模で行ったアンケートで15年目までの弁護士の年収を調査しました。

その結果、弁護士の平均年収は5年目で2000万円を超え、15年目は3700万円ということです。

この不景気にすごい年収ですね。

平均年収ですから、もっと稼いでいる弁護士もいるということです。

弁護士って今でも儲かる職業なんですね・・・。

調査結果によると、弁護士になって1年目の収入は平均約780万円。

5年目で2000万円を超え、15年目には3700万円と経験とともに右肩上がりになります。

1年目で780万円というのもすごいですね。

女性が結婚するときに相手に求める年収として600万円という基準があると何かの本で読んだことがありますが、弁護士なら1年目でこの基準をクリアです。

ただし、弁護士にもやはり格差はあるようです。

6〜15年目の平均所得が1370万円で、3000万円以上の弁護士が6.1%なのに対し、400万円未満も12.2%いたそうです。

弁護士で年収400万円以下の人が100人に12人いるんですね。

弁護士という職業のイメージとしては、年収400万円はちょっと少ない印象はぬぐえません。

ここでしか教えない!「稼げる」弁護士になる方法
ここでしか教えない!「稼げる」弁護士になる方法

ソフトバンクのスマートフォンを16000円割引で買った方法


高級ブランド ブランド物好きのための高級ブランド大百科

3万円借りる