パート・契約社員・派遣社員で年収200万円以下の人は74.0%に増加

スマートフォン実質0円
就職活動ではスマートフォンが欠かせないアイテムとなっています。
なぜなら、情報を制する者が就活を制するからです。
賢い人は乗り換えキャッシュバックでスマートフォンをGETしています!キャンペーン終了前の素早い行動が利口です!

パート・契約社員・派遣社員で年収200万円以下の人は74.0%に増加

厚生労働省によると、パートや契約・派遣社員などで年収200万円以下の人は74.0%になり、前回(2009年)調査した57.3%をだいぶ上回る結果となったということです。

正社員と同じ職務内容の人に限っても200万円以下の人は60.3%(前回40.7%)と大幅に増加。

これは日本の雇用環境が悪化していることを如実に表していると言っていいでしょう。

細かく見ると、以下のようなデータが公開されています。

◎年収200万円の人の職務内容
・正社員と同じ業務・責任を求められる職務:60.3%
・正社員より高度な技術を活用する職務:43.5%
・仕事は別だが、正社員と同水準の職務:76.5%
・契約社員:47.2%(前回38.6%)
・派遣社員:56.7%(前回45.7%)

このように見ていくと、契約社員と派遣社員がこの2年間で増えています。

企業からしてみると、「有期労働者なしでは事業が成り立たない」「正社員は人件費コストが増大する」という理由があるようです。

年収200万円からの貯金生活宣言
年収200万円からの貯金生活宣言

新版 年収300万円時代を生き抜く経済学 (知恵の森文庫)
新版 年収300万円時代を生き抜く経済学 (知恵の森文庫)

参考:
<パート・派遣>年収200万円以下74%…厚労省調査

厚生労働省:労働統計調査一覧

ソフトバンクのスマートフォンを16000円割引で買った方法