給料・給与・ボーナス:就職活動ニュース!

スマートフォン実質0円
就職活動ではスマートフォンが欠かせないアイテムとなっています。
なぜなら、情報を制する者が就活を制するからです。
賢い人は乗り換えキャッシュバックでスマートフォンをGETしています!キャンペーン終了前の素早い行動が利口です!

給料・給与・ボーナス

パート・契約社員・派遣社員で年収200万円以下の人は74.0%に増加 »

厚生労働省によると、パートや契約・派遣社員などで年収200万円以下の人は74.0%になり、前回(2009年)調査した57.3%をだいぶ上回る結果となったということです。

東京商工リサーチ、国内銀行の平均年間給与額を発表 »

東京商工リサーチが国内銀行の平均年間給与額をまとめました。

  • 国内大手銀行の年収は726万9000円で3年連続で減少
  • 地方銀行の年収は630万1000円で4年ぶりに増加
  • 第2地銀の年収は541万3000円で4年ぶりに増加
  • 年収トップはみずほコーポレート銀行の800万円台(唯一の800万円台)
  • 国内107銀行の平均年間給与は604万9000円
  • 国内107銀行の平均年間給与はピークだった2007年3月期からは42万1000円ダウン

弁護士の平均年収、5年目で2000万円、15年目で3700円 »

日経新聞によると、「法曹の養成に関するフォーラム」が2000人規模で行ったアンケートで15年目までの弁護士の年収を調査しました。

その結果、弁護士の平均年収は5年目で2000万円を超え、15年目は3700万円ということです。

この不景気にすごい年収ですね。

2011年夏のボーナス、平均支給額は75万2733円で2年連続増加 »

日経新聞によると、2011年夏のボーナスの平均支給額は前年比4.63%増の75万2733円となり、2年連続で増加したということです。

しかし、リーマン・ショック前で過去最高だった2007年の83万7036円には及びません。

平成22年(2010年)の「賃金構造基本統計調」、性別と学歴別の平均賃金 »

厚生労働省は2月22日に「賃金構造基本統計調査」を発表しました。

「賃金構造基本統計調」では「平均賃金」や「初任給額」が調査結果として発表されます。

「三菱東京UFJ銀行」と「みずほ銀行」が初任給を引き上げ »

日経によると、「三菱東京UFJ銀行」と「みずほ銀行」が今年4月から入行する新入社員の初任給を引き上げるそうです。

大卒の総合職で3万1000円引き上げて、初任給を20万5000円とするそうです。

2010年度の初任給、大卒が19万7400円、高卒が15万7800円 »

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2010年度の大卒初任給は19万7400円と3年ぶりに減少したという。

Google(グーグル)、世界の全社員の月給を一律10%引き上げ »

Google(グーグル)は世界に約2万3000人いる全社員を対象に、2011年1月から月給を一律10%引き上げるそうです。

2009年の民間企業の平均給与、405万9000円と前年比で23万7000円減少 »

国税庁の民間給与実態統計調査によると、民間企業に勤める人が2009年の1年間に得た平均給与は405万9000円で前年から23万7000円(5.5%)減少したそうです。

年間平均給与、公的資金が注入される新生銀行とあおぞら銀行が800万円以上 »

東京商工リサーチが調査した国内銀行の平均年間給与によると、2010年3月末の年間給与は新生銀行が849万円でトップだったという。

ソフトバンクのスマートフォンを16000円割引で買った方法